nanoog ver.3.0.2
 VIRTUAL ANALOG SYNTHESIZER

「nanoog」は、アナログシンセサイザーの名機、minimoogのサウンドカラーとデザインをイメージしながら、より簡単な操作性で小型化されたバーチャルアナログシンセサイザーです。
バージョン3からは、64bit VSTバージョンとMacOS Audio Units (AU) バージョンを新しく用意しました。
nanoogの各パラメーターには、minimoogを彷彿させる設定とモジュール名が組み込まれています。
1つのメインオシレーターがあり、1つのサブオシレーターが並列に配置され、波形の選択は共通ですが、周波数は±1オクターブ幅のメインとサブの関係を変更できます。また、ノイズジェネレーターはオシレーターとは独立して実装されているため、ホワイト/ピンクノイズを選択することができます。
フィルターはmoogシンセサイザー特有のタイプのものを採用しており、暖かい音の出力を可能にします。
エンベロープジェネレーターは、ADS方式と同じ減衰とリリースを持っており、さらにスイッチの切り替えでリリースの有無を選択するように設計されています。

"nanoog" is a virtual analog synthesizer miniaturized with simpler operability while imagining the sound color and design of the analog synth's famous machine, minimoog.
Beginning with version3, we have newly prepared 64bit VST version and MacOS Audio Units version.
Each parameter of nanoog includes a setting reminiscent of minimoog and a module name.
There is one main oscillator, one sub oscillator is arranged in parallel, the waveform selection is common, but the relationship between main and sub with frequency of ±1octave can be changed. Also, since the noise generator is mounted independently of the oscillator, white / pink noise can be selected.
The filter is a specific type to the moog synthesizer, enabling the output of warm sound The envelope generator has the same attenuation and release as the ADS method, and it is designed to select the presence or absence of release by switching the switch.



Download
    お使いのOSやDAW環境に合わせてプラグインを選択してご使用ください。
    インストール先のフォルダは、OSによって異なります。必要に応じてご確認の上、各dllファイルまたはフォルダを展開して、全てそのままドラッグ&ドロップしてください。

    主なOS環境に対応したのインストール方法についてはこちらのリンクを参照してください。
  • インストール方法
    ※ただしインストールに関するトラブルのご質問にはお答えできません。

    Please select plugin according to your OS and DAW operating environment.
    The installation destination folder varies depending on the OS. As necessary, please expand each dll file or folder, drag and drop as it is.
  • How to install
    * But, I can not answer questions on troubles regarding installation.


    Windows向けは、このヴァージョンより以降、64bit/VST3での頒布がメインとなります。
    ※32bitおよび64bitのVST2対応プラグインの提供は終了しました。
    For Windows, from this version onwards, distribution at 64bit / VST3 will be the main.
    * The provision of 32-bit and 64-bit VST 2 compatible plug-ins has ended.
  • nanoog ver.3.0.2 for Win/64bit/VST3


  • 新たにMacOS向けAU版を試験的にリリースいたしますが、SynthEditの発展途上中の機能により、未だ動作不安定な部分がありますことをご了承ください。
    I will release the AU version for MacOS experimentally, but please understand that there are still unstable parts due to the function under developing SynthEdit.
  • nanoog ver.3.0.2 for MacOS/AU



nanoog ver.3.0.2 Details

▼ref.-1

▼ref.-2

▼ref.-3
  • エフェクト機能が強化されました。ロゴプレートを押すと、フランジャー、コーラス/ディレイ画面に切り替わります。(ref.-1)
  • 見た目を改善して演奏しやすくするために、25鍵キーボードとホイールを追加しました。
  • パッチプログラムでは、画面内でデモンストレーションプリセットを選択できるようにしました。 VST3では内蔵パッチプログラムの概念が失われていますが、引き続き音色単位で作成された音色のセーブ/ロードが可能です。(ref.-2)
  • すべての操作パラメーターはMIDIコントロールチェンジに対応し、これまで固定だった設定を、任意のMIDI CCに割り振ることが可能となりました。
  • デフォルト値として、ピッチベンド、モジュレーションホイール、音量にはMIDI規格に準拠した値が割り当てられていますが、MIDI CCはすべてのパラメータに対して割り当て/キャンセルできます。
  • MIDI CCを割り当て/キャンセルするには、各パラメーターのつまみとスイッチ上部の名前表示部分(ホイールは右側の矢印)をクリックすると、設定ダイアログボックスが表示されます。
  • 「Learn」を選択すると、コントローラーから任意のMIDI CCを送信することで設定され、「UnLearn」を選択するとキャンセルされます。(ref.-3)

  • The effect function has been enhanced. Press the logo plate to switch to the flanger, chorus / delay screen. (ref.-1)
  • In order to improve the appearance and make it easier to play, we added 25 key soft keys and wheels.
  • In the patch program, we made it possible to select a demonstration preset in the screen. Although the concept of the built-in patch program is lost in VST3, it is still possible to save / load the tone created in tone color units. (ref.-2)
  • All operation parameters correspond to MIDI control change, it is now possible to allocate the setting that was fixed until now to any MIDI CC.
  • As default values, conforming to the MIDI standard are assigned to the Pitch Bend, Modulation Wheel, and Volume, but MIDI CC can be assigned / canceled for all parameters.
  • To assign / cancel MIDI CC, click the knob of each parameter and the name display part (the wheel on the right side) at the top of the switch, the setting dialog box will be displayed.
  • When "Learn" is selected, it is set by sending arbitrary MIDI CC from controller, and canceled by selecting "UnLearn". (ref.-3)

nanoog、誕生と復活 -nanoog, birth and resurrection-
  • 2005年の夏、この「nanoog」は、MOOGシンセサイザーの開発者であり、伝説のアナログシンセサイザー「mini moog」を送り出したDr. Robert Moogが死去された時に、哀悼の意を込めて制作しました。
    そこで私はSynthEditを使って、moogシンセサイザーの特徴を持ち、より簡単で使いやすいminiよりも小さいnanoサイズのシンセサイザーを作ろうと考えました。
    機能は大幅に制限されていますが、多種多様なサウンドを作成するためにいくつかの少ないパラメータで操作できるシンセサイザーになりました。
    あれから10年以上経過しましたが、SynthEditの64bitサポートが安定していることや、MacOS用のAudio Unitsプラグインも作成できることを知って以来、もう一度プラグインを作成することにしました。
    今日、moogシンセサイザーは、新しいデザインと高度な機能を備えた新製品を世界に送り出しています。ホンモノには敵わないですが、あの素晴らしいシンセサイザーの雰囲気を、気軽に楽しんでみてください。

    In the summer of 2005, this "nanoog" was a developer of the MOOG synthesizer, and we made a mourning memorial when Dr. Robert Moog, who sent out the legendary analog synthesizer "mini moog", died.
    Using SynthEdit, I tried to make a nano size synthesizer smaller than mini, which has the features of a moog synthesizer and is easier and easier to use.
    Although its function is greatly limited, it has become a synthesizer that can be operated with a few few parameters to create a wide variety of sounds.
    More than ten years have passed since then, but since I knew that SynthEdit's 64bit support is stable and I can create Audio Units plugins for MacOS, I decided to create plugins again.
    Today, Moog synthesizer is sending out new products with new design and advanced functions to the world. Despite being inferior to the real thing, please feel free to enjoy the atmosphere of such a wonderful synthesizer.


©2018 mu-station[Back][Index]