ファミシンセII/FAMISYNTH-II ver.3.0.2
 8BIT CHIP SOUND GENERATOR

いわゆる「チップチューン」と呼ばれる昔懐かしい8bit家庭用ゲーム機の音色をイメージして作られた音源「ファミシンセII」。
mu-stationプラグインの中でも高い人気を誇っていますが、たくさんの要望にお応えして、64bit VSTバージョンとMacOS Audio Units (AU) バージョンを新たにご用意しました。
基本的にはこれまでの32bitバージョンと同じ外観、音源システムになっていますが、新たに追加された「PAGEボタン」を押すと、サウンドをより細かく編集できる機能を追加しました。
一方、これまであったFAMスキンとNESスキンの切り替えはできなくなっています。(しかし、裏技アリマス!)
やや使いにくいと思われる十字ボタンで操作する方法だけでなく、パラメータ部分をクリックしてパラメータを直接選択することもできます。また、外部のMIDIコントローラーからリアルタイムで操作するため、固定されていたMIDI CCを任意に変更できるようにしました。

The sound source "FAMISYNTH-II" made by imagining the tone of old-fashioned 8bit video game machine called "chip tune".
It boasts high popularity among mu-station plug-ins, but in response to many requests, we have newly prepared 64bit VST version and MacOS Audio Units version.
Basically it has the same appearance and sound source system as the 32bit version so far, but when you press the newly added "PAGE button", the function to edit the sound more finely was added.
On the other hand, we can no longer switch between FAM skin and NES skins. (But there are tricks!)
In addition to operating with the cross button that seems to be somewhat difficult to use, you can also directly select the parameter by clicking the parameter part. In addition, since it operates in real time from an external MIDI controller, fixed MIDI CC can be changed arbitrarily.


Download
    お使いのOSやDAW環境に合わせてプラグインを選択してご使用ください。
    インストール先のフォルダは、OSによって異なります。必要に応じてご確認の上、各dllファイルまたはフォルダを展開して、全てそのままドラッグ&ドロップしてください。

    主なOS環境に対応したのインストール方法についてはこちらのリンクを参照してください。
  • インストール方法
    ※ただしインストールに関するトラブルのご質問にはお答えできません。

    Please select plugin according to your OS and DAW operating environment.
    The installation destination folder varies depending on the OS. As necessary, please expand each dll file or folder, drag and drop as it is.
  • How to install
    * But, I can not answer questions on troubles regarding installation.


    Windows向けは、このヴァージョンより以降、64bit/VST3での頒布がメインとなります。
    ※32bitおよび64bitのVST2対応プラグインの提供は終了しました。
    For Windows, from this version onwards, distribution at 64bit / VST3 will be the main.
    * The provision of 32-bit and 64-bit VST 2 compatible plug-ins has ended.
  • ファミシンセII/FAMISYNTH-II ver.3.0.2 for Win/64bit/VST3


  • 新たにMacOS向けAU版を試験的にリリースいたしますが、SynthEditの発展途上中の機能により、未だ動作不安定な部分がありますことをご了承ください。
    I will release the AU version for MacOS experimentally, but please understand that there are still unstable parts due to the function under developing SynthEdit.
  • ファミシンセII/FAMISYNTH-II ver.3.0.2 for MacOS/AU



ファミシンセII/FAMISYNTH-II ver.3.0.2 Details

▼ref-.1

▼ref-.2
  • 新しいPAGEボタンが追加され、より詳細なMIDI関連の設定、オシレーターのサブパラメーターの追加、および新たにインストールされたフィルターを使用したサウンドの作成が可能になりました。
  • 十字ボタンと、左上にあるCHECKボタンを押すことで、作成中のサウンドを鳴らして確認できるようになりました。
  • パッチプログラムでは、画面でデモのプリセットを選択することができます。 VST3では、内蔵のパッチプログラムの概念が失われていますが、音色ごとに作成されたパッチをセーブ/ロードすることができます。(ref.-1)
  • MIDI CCを任意の値に設定できるようになりました。各パラメータの上、下、左、右のABアイコンをタッチすると、設定ポップアップが表示されます。
    「Learn」が選択されている場合は、コントローラーから任意のMIDI CCを送信して設定し、「UnLearn」を選択してキャンセルします。(ref.-2)

  • A new PAGE button has been added, allowing more detailed MIDI related settings, adding oscillator subparameters, and creating sounds using the newly installed filter. (ref.-1)
  • By pushing the cross key and the CHECK button at the upper left, you can now play the sound being created and check it.
  • With the patch program, you can select a demo preset on the screen. In VST3, the concept of the built-in patch program is lost, but you can save / load the patch created for each tone. (ref.-2)
  • MIDI CC can now be set to any value. Touch the AB icons above, below, left, and right for each parameter to display the setting pop-up.
    If "Learn" is selected, transmit and set arbitrary MIDI CC from the controller, select "UnLearn" and cancel. (ref.-3)

世界中のミュージシャンに使われているファミシンセII -FAMISYNTH-II used for musicians all over the world-

    ▲ファミシンセ/1st.FAMISYNTH
  • 8bit家庭用ゲーム機のサウンドが生まれてから約40年ほど経ちます。当時最先端のゲームサウンドは現代では「チップチューン」と呼ばれ、ヴィンテージギターやシンセサイザーと同じく、郷愁を感じる音のように世界中の人々に愛されています。
    私は8bitゲームソフトの開発に携わってきた経験を活かし、「ファミシンセ」を作りました。「ミュージシャンがこのサウンドを使って、簡単にゲーム音楽を作る方法はないだろうか?」と思ったからです。チップチューンという言葉も、ほぼ同時期に語られるようになりました。
    私が作った最初の 「ファミシンセ」は、限られたプリセット音を選択して鳴らす方法でした。私は、ユーザーがむずかしいパラメーターを操作するよりも、耳に馴染みのあるサウンドを気軽に使える方が良いと思っていました。
    実際に使ってみると一定の効果がありましたが、すぐにもっとゲーム的なサウンドを作りたいという欲望がわいてきて、アイデアを再び考え直して作ったのが現在の 「ファミシンセII」でした。
    それ以来10年以上経っており、その間に多くの人々にファミシンセを知ってもらえるようになり、プロミュージシャンにも愛用されるようになりました。
    これまでのところ、Windows XP時代の32bit VSTプラグインだけしかない状態が続いていたので、現在のOSとDAWではそれが正常に動作しないという声が聞かれ、多数のメールを受け取りました。また、MacOSでもファミシンセを使いたいという声が多く届きました。
    SynthEditを使用してmu-stationプラグインが開発されていることもありますので、まずSynthEditが最初に対応してもらうことが重要でした。
    SynthEdit開発者Jeff氏は開発を続け、64bit版とMacOS版の生成が徐々に安定していたので、やっと環境が整っていると判断してmu-stationプラグインも開発を再開しました。
    現在は市販品でもチップチューン音を鳴らすことができるプラグインは数多くあります。しかし早くから8bitサウンドプラグインとしての存在感と、シンプルな使い心地と音質を特徴として、たくさんの方々にファミシンセIIを使っていただけると嬉しいです。
    mu-stationプラグインを使用して効果音や曲を作成するための特別な許可は必要ありません。私にあなたの作ったファミシンセサウンドをたくさん聞かせてください。

    About 40 years passed since the sound of 8 bit home game machine was born. At that time, the sound of 8bit video gaming machines is called "chiptune" in modern times, and it is loved by people all over the world as if feeling nostalgia like a vintage guitar or synthesizer.
    I took advantage of my experiences involved in the development of 8bit game software and made "FAMISYNTH". "I think that there is no way for musicians to make game music easily using this sound ?" The word chiptune came to be told almost at the same time.
    The first "FAMISYNTH" I made was a way to selectively ring a limited preset sound. I thought that it would be better for users to feel comfortable using sound familiar to the ear rather than manipulating difficult parameters of the user.
    Although I had a certain effect when used actually, there was a desire to immediately create more game-like sounds, so I thought about this idea again and made the current "FAMISYNTH-II "was.
    Although it has been over ten years since then, many people have become familiar with family synths and are increasingly popular among professional musicians.
    So far, since only the 32bit VST plug-in in the Windows XP had been in the state, the current OS and DAW received a lot of voices saying that it does not work normally, and received many mails. Also, a lot of voices that I would like to use FAMISYNTH-II on Mac OS also arrived.
    Since mu-station plug-ins have been developed using SynthEdit, it was important that SynthEdit first responded. SynthEdit developer Jeff continued development and the generation of the 64bit version and the MacOS version was gradually stabilized, so it was finally determined that the environment was in place and the mu-station plugin also resumed development.
    Currently there are many plug-ins that can sound chiptune sound even commercially available products. However, it is nice to be able to use FAMISYNTH-II for many people early because of its presence as an 8bit sound plug-in, simple usability and sound quality.
    You do not need any special permission to create sound effects and songs using the mu-station plug-ins. Please let me know a lot about the FAMISYNTH sound you made.


©2018 mu-station[Back][Index]